誰だっていい歯医者さんを選びたい 比較のポイント

バナー

誰だっていい歯医者さんを選びたい 比較のポイント

「ケータイ」といえば「携帯電話」です。
連絡先を知りたいとき「メアド教えて」というフレーズはよく使った、耳にしたという人も多いでしょう。
しかし、今は「ケータイ電話」ではなく「スマートフォン」の時代です。わざわざメールアドレスを聞いて端末に打ち込まなくても、「LINE」という手軽なチャットツールでカンタンにつながることができるようになりました。

このような時代の変化を思うと「日進月歩」という四字熟語が頭に浮かびます。太陽(日)や月が日々動いているように、技術も常に進歩していく、こういう意味の言葉です。

NAVERまとめについて真剣に考えてみました。

知識人たちはこう言います。

「いつの時代でも、どこの国でも、誰にでも通用する論理などない」と。



江戸時代の論理が今に通用するでしょうか。

しませんね。時代が流れ、技術の進化とともに何が正しいかは変わっていきます。


その技術の進歩で最も忘れてはいけないのは「医学」の進歩です。



一昔前までは、虫歯菌に侵された歯を治療するために、自分の歯を大きく削りまがまがしい銀色の詰め物をはめこむのが治療の常識でした。
今でも昔の技術のみを頼りにし、「ガーガー」とドリルで削る治療を押し通している歯医者もあるでしょう。

しかし、いい歯医者と悪い歯医者を比較する場合「患者に負担のない最新の治療を行える歯医者かどうか」を考えるべきでしょう。今では必要以上に歯を削らなくても薬やレーザーなどで菌を殺すことができるようになりました。

また、詰め物も自分の歯の色に近い色で材質もかなり優れたものが出てきています。

「削らない」「神経をとらない」最新の治療技術をしっかり説明し、患者に負担をかけない治療法を知ってる、それが「比較」のポイントと言えます。

すぐに治療する必要はありません。
まずは、カウンセリングという形で歯科医の予約をとって「比較」していくといいでしょう。