日帰りで行くスノボツアー

冬になると毎週末のように通う人もいるスノーボードですが、シーズン中に何度も行くためには宿泊費を削って日帰りで利用する人も多いものです。
日帰りで遠くのゲレンデに行くのに便利なのがバスでのスノボツアーです。

前日の夜9時〜11時くらいに出発をして早朝に現地に到着をし、朝一番のリフトが動き始める時間から滑ることができるので、まだすいているのでリフト待ちもあまりありません。

飛行機でスノボツアーに関する予備知識の情報が満載です。

夜中の間にバスが移動するので、わりと遠い場所にも日帰りで行けるメリットがあります。
バスは、何ヶ所かの乗り場を経由して行くこともありますが、全員が乗車した後は消灯されるのでバスの中で眠ることもできます。

全国スキー連盟の情報を公開しています。

また、女性には夜行バスは不安な人も多く、夜行バスの車内ではゆっくりと眠れないという人にも、長野や栃木などわりと近いゲレンデであれば早朝に出発するスノボツアーもあります。

バスでのスノボツアーのメリットは、ゲレンデの目の前まで連れて行ってもらえるのでボードやブーツ、ウェアなど大きくて重い荷物の運搬がない便利さがあります。


また、出発地もさまざまあり、都内では新宿や池袋、東京駅周辺を中心として、神奈川県や埼玉県、千葉県や茨城県内でもたくさんの乗り場があるので自宅から近い場所を選択することができます。

一人で参加することも可能であり、しかしバスに乗車している全員でリフト券やレンタルなどにおいて団体割引が受けられることからリーズナブルな価格で利用することができます。